2017年3月25日土曜日

(花木) 城山かたくりの里 Ⅲ 5(花木)

このシリーズの最終編。

この気候では、まだ開花が早い木々もありました。
開花していた花木を順不同で掲載します。

ヒカゲツツジ
桜ゲンカイツツジ
豊後梅
檀香梅
椿 吹上絞
キブシ
サクランボ
ヒメコブシ
ミツマタ

(草花) 城山かたくりの里 Ⅲ 4(その他草花)

(その他草花)

今の時季では、ここでは「かたくり」と「雪割草」が主流であり、他の草花は殆ど開花していない状況でした。数種類の花を掲載します。

福寿草(原種)
 黄花セツブン草
 アズマいちげ
 菊咲いちげ
ショウジョウバカマ
バイカオウレン

2017年3月24日金曜日

(草花) 城山かたくりの里 Ⅲ 3(雪割草ーその2)

雪割草 その2

ここでは、「雪割草」の様子を、少しトレンドを変えて見ました。






















(草花) 城山かたくりの里 Ⅲ 2(雪割草-その1)

当所の「雪割草」が好評なので、今年は見頃に合わせて、訪問しました。
ブログですれば、「雪割草」は日本国内では、「オオスミソウ」、「ミスミソウ」、「スハマソウ」(東日本に多い)、ケスハマソウ」(西日本に多い)の4種類、海外では9種類あり、計13種類の系統がある由。
組織として、「国際雪割草協会」があり、日本では江戸中期から栽培された模様。
初めて「雪割草」を観る人は、可憐かつ小さな多種多様の色彩の花びらだなあと、素直に感じる草花ではないでしょうか。
昨日撮影した個々の「雪割草」の名前は、種類が多いので割愛します。
画像の掲載は、現地で植栽されている「雪割草」を無差別に掲載します。
なお、画像数が多い為、1 と 2 に分けて掲載します。

その1